星空と山岳と竜巻の闇

毎日の日常の中で、「百姓」のポジションって、どうなんだろう。関係ないって言える?「師匠」は、あなたにとって何なんだろう。

涼しい大安の夕暮れは外へ

今日の夜は一家そろって外で食べる事になっているので、少年はウキウキワクワクしていた。
何を食べようかな、と出発前からいろいろと考えていた。
カレーやハンバーグ、チョコレートパフェとか?なんてメニュー一覧には何があるのかとても楽しみでもあった。
行くのは先日オープンしたファミリーレストランだ。
お父さんが運転している車はもうお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉ちゃんは後部座席で、週刊誌をパラパラめくっている。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、店の入り口を開けて皆が来るのを待った。

喜んで大声を出す君と夕焼け
知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子を大事にしている。
Aさんが出張が決まると、知佳子も必ず一緒だし、この前は私も一晩だけ一緒に行った。
2人は私を同じニックネームで呼びかけるし、どこのお店に入ろうか、とか、とりあえず、私に求めてくれる。
なぜか気にかけてくれている感じがしてかなり心地がよかった。

風の強い祝日の夜明けに窓から

会社で働いていた時の大好きな先輩は、親が社長で、まさにお嬢様だった。
小さくておしゃべりでテンションが高い、動物愛護の先輩。
動物愛護団体など設立して、そこそこ運動をしているようだった。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一回、家に行ってみたことがある。
都心にある高層マンションで、六本木ヒルズが見えていた。
先輩は、毛並みがきれいなシャム猫と同居していた。

雨が降る金曜の夕暮れに料理を
台湾出身のビビアン・スーは、美人で秀才で才能ある女性だと思う。
もう30代終盤なんて、少しも思えない。
過去に見たテレビ番組で、印象的なのが、英語勉強中のビビアンが英語のインタビューに答えていたところ。
まだまだ勉強している所らしかったけど、凄く一生懸命だった。
現在は英語はもちろん日本語だって、しっかりペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアン・スーの魅力は目を見張る位なのだ。

悲しそうに叫ぶ兄弟と失くしたストラップ

最近、物語を読破するのはわずかになったが、一時前に水滸伝の北方バージョンに魅了されていた。
過去に訳された水滸伝を読んだ時は、退屈な内容で、われを忘れるほどはまらなかったが、北方謙三版の水滸伝を読みあさったときは、熱中し、読むのが止まらなかった。
労働の昼休みや家に帰ってからの夕食中、湯船の中でも読破して、1日一冊ずつ精読していた。
キャラクターが人間味あふれていて、男気熱い登場人物がすごくたくさんで、そんなところに熱中していた。

具合悪そうに自転車をこぐ君と濡れたTシャツ
飲み会などのお酒のおともに、まあまあ体に良い物を!と思っている。
最近のおつまみはキュウリ。
それ以前はサンマ。
それから、直近では明太子だけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
昨日、新メニューを考え出した。
スーパーで80円くらいのエリンギ。
小さく切って、ごま油で炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し整えたもの。
大分コストは低め、KCALも低い気がしませんか。

息絶え絶えで歌う弟と履きつぶした靴

ちいさいころから、物語は好きでしたが、暇なときに、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
本当に考えながら読むようになったのは、高校生のとき。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
ストーリーは、付き合ったいる人を失った主人公さつきの、高校時代の回想がスタートです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその当時もそれからも、もちろんありません。
しかし、高校時代の私に主人公の切ない気持ちが重なってきました。
初の感覚でした。
ヒロインと、私の年が近かった事、それもあってだと思います。
帰り道に、文庫本を買ったのが文庫本を買った初めての体験です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、ずっと色あせない名作かもしれません。

ぽかぽかした大安の朝に冷酒を
友人が、マンションのベランダで、ミニトマトを作っている。
実ったら野菜サラダを作るらしい。
実は、まめに水分をあげないし、ベランダにて煙草を吸うので、ミニトマトの環境は少しも良い環境ではない。
1日、水をあげてないと言う時の、ミニトマトの見てくれは、葉っぱがだらりとしていて、なんとなくガッカリしている姿に似ている。
かわいそうだったので、水と肥料をたくさんあげると、翌日の早朝のトマトは何事もなかったように復活していた。

暑い祝日の昼に友人と

息子の4歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントを何にするかを悩んでいる。
妻と話して、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実際に見て決めることにしたけど、これだというものがない。
だけれど、子供に遊ばせてみたら、以外と簡単に決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中になったので、これに決めた。
ただ、家が小さいので、小さくて折りたたみ可能なものに決定した。
販売価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

気持ち良さそうに熱弁するあの人と俺
2年前、体調が悪い上に、食事と、睡眠の質が悪かったので、シミが増えた。
マズいと思って、生活習慣を意識し、体に役立つ事をし続けようと情報収集をした。
そこで崇拝されていたのが、アセロラジュースだ。
今に至るまでごくごくと飲む。
レモン以上にCが豊富に含まれているとの事だ。
コンディションと美容は結局果物から出来上がるのかもしれない。

Copyright (C) 2015 星空と山岳と竜巻の闇 All Rights Reserved.