星空と山岳と竜巻の闇

たとえば、何もわからない宇宙人に「先生」を説明するなら、どうする?「ステーキ」の雰囲気とか、いやいや、そもそもこの世界のことから説明始めるのかもしれない。

前のめりで熱弁する友達と気の抜けたコーラ

夏は生ビールがめちゃめちゃおいしいけれど、最近そんなには飲まなくなった。
大学生のころは、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くのがめっちゃ楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌というほど行って、私の中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関わりで非常に久しぶりにビアガーデンに行った。
たいそう久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってとてもビールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

蒸し暑い大安の夜に読書を
そそられなかったけれど、スポーツもわずかでも取り組まなくてはとこのところ思った。
仕事内容が変わってから、ここ最近、体力を使うことが非常に減り、体脂肪がものすごく増した。
それと、年齢も関係しているかもしれないが、横腹にぶよぶよと脂肪がついていて、とってもみっともない。
ちょっとは、努力しないといけない。

具合悪そうに吠えるあの子と失くしたストラップ

私は前から、素肌が全然丈夫じゃないので、気を付けないとかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーソープの素肌にこびりつく使い心地があまり好きじゃない。
しかしながら、真冬は思いっきり乾燥するので、無添加のケア用品を使用する。
愛用中の商品の驚くべき部分は、値段が凄く高いところ。

雨が上がった仏滅の夜にシャワーを
よく遊ぶチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと感じる。
何としてでも他者を傷つけたりはしない。
何この人?と思っても、まずは相手の考えも重視する。
このことから、どんどん許容範囲が膨らむし、我慢強くなるのだ。
考えを譲らないよりも、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、その経験を自分のものにするやり方をよーく理解している。

ノリノリで泳ぐ君と突風

職場で関わった女性がいる。
今までに出会ったことのないような女性で、トークの内容がいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
保育士免許、ネイリスト検定2級、通関士。
TOEIC800点、調理師免許、そして、元CAさん。
公認会計士まで受かったと言っていたような・・・。
さすがにこれを友人に話してみたところ、あなたの勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の部長と職場結婚で寿退社していった。

どんよりした仏滅の夕暮れは食事を
レフも、めちゃくちゃ楽しいと思うけれど、それとは違って別格と言えるくらいお気に入りなのがトイカメだ。
4000円あればcheapなカメラがすぐに得られるし、SDカードがあればPCですぐに見れる。
現実味や、奇跡の瞬間をシャッターに収めたいなら、一眼レフが向いていると、思う。
だけど、その情緒や季節らしさを撮りたいときには、トイカメラには他のどれにも歯が立たないと感じる。

目を閉じて大声を出すあいつと冷たい肉まん

テレビを見ていたり、街を歩いていると、美人だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
結構大事だと思う。
最近注目しているのがミュージシャンの西野カナさんだ。
Mステを見て初めてインタビューを受けている姿を見た。
可愛い!と見ずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、スタイルも程よい感じ、パステルカラーがピッタリ合うイメージ。
喋り方がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントがアップ。
歌は割と聞いていたけれど、話している姿を見てそれ以上にファンになった。

泣きながら大声を出すあの人と履きつぶした靴
先日梅雨が明け、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「夏だ。」と感じた。
夏休みを目前に控えた休日の午前中、少年は縁側に座ってアイスを食べていた。
頭上では風鈴がときどき小気味いい音を立てていた。
朝から日が強く、日光が座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボンという格好だ。
頬を伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近くの屋外プールのオープンを待ち焦がれていた。

雲の無い月曜の夕暮れは読書を

2日前、テレビで、マックチキンの味を味わえるレシピといって紹介していました。
とっても似ていそうだと思って、嫁に調理してもらったが、マクドナルドのチキンナゲットの食感ではないけれどおいしかったですね。
味わってみたら衣がちょっと違ったけれど、中身は、同じチキンなので、俺の舌では、わずかの差は何とも思わず大変うまかったです。

一生懸命お喋りする彼女と冷めた夕飯
大学生の頃、株の取引に好奇心をもっていて、買いたいと考えてたことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに関心があったのだけれども、しかし、一生懸命得た貯蓄があっさりと減るのが恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座は開いて、お金も入れて、ボタンを押すだけで買えるように準備までしたけれど、怖くて購入できなかった。
せいいっぱい、働いて稼いでためた貯金だから、金を持っている人たちから見たら少なくてもでも大きく減ってしまうのは怖い。
でも一回くらいは買ってみたい。

Copyright (C) 2015 星空と山岳と竜巻の闇 All Rights Reserved.